EVENT・SEMINAR

2020.09.09 MeetUp

【MONET Pitch #1】自動運転時代からのバックキャスト MONET MaaS コンバージョンシリーズ 第1弾 始動!

20200909_01.jpg

MONET Pitchは、MONET Technologies㈱(以下、MONET)が捉える課題とその解決に向けた提供サービスを、コンソーシアム企業の皆さまに情報共有することを目的としたMeetUpイベントです。記念すべき第1回のテーマは「MaaSコンバージョン」。MONETが開発した2つの車両サービスについて、都内MONET BASEからのライブ中継を交えながら紹介しました。

20200909_02.jpg

既存車両をコンバージョンしてモビリティサービスを検討する車両を開発

MONET は「モビリティサービスを通じて人々の暮らしをもっと豊かに」を企業目標に掲げ、様々な取り組みを行っています。モビリティサービスの拡大に向けた戦略図としては、プラットフォームを中心としたサービスユースケースの検討やオンデマンドサービスの推進がありますが、加えてそれらに適した車両を提供することにも取り組んでいます。

自動運転社会を見据えたステップとして、実際の車両を使って新たなモビリティサービスを考える機会を提供したい。そこで、事業アイデアを実現するベースとして、サービスとハードウェアをセットで提供することが必要と考え企画開発されたのが、MaaS向けの架装車両やキットを提供する「MONET MaaS コンバージョン」です。
今回は第1弾として、「マルチタスク車両」と「パーソナルベンチレーションキット」を発表しました。

20200909_03.jpg

「マルチタスク車両」は、複数のレールを活用した専用フロア構造により、後席の取り外しやテーブルの設置などを、工具を使わずに自由に行える架装車両です。
オンデマンドバスとしての活用だけではなく、電源や照明、テーブル、モニターなどを装備しているため、移動先での商談スペースやオフィスとしての利用、物販や行政サービスの提供など、さまざまな用途で活用することができます。車内のレイアウトを変更することで、1台の車両を曜日や時間帯によって使い分けることも可能です。

「パーソナルベンチレーションキット」は、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて開発した、車内でのパーソナルスペースの確保と換気に配慮した架装キットです。主に地域のオンデマンドバスや通院・通勤シャトルバス、旅館の送迎車などへの架装を想定しています。イベントでは2つの車両について、実車をライブ映像で見せながらさらに詳しく解説しました。

走らせながらいろいろなサービスを検証する「マルチタスク車両」

マルチタスク車両は、実車を使ってモビリティサービスの導入効果や事業性などを検証でき、車両とシステムを連携しながら新しいビジネスを検討できます。国産乗用車最大級の広さを持つトヨタハイエースのグランドキャビンをベースに使用しており、ニーズにあわせて内装を変更したり、オプションを搭載することができます。

20200909_04.jpg
20200909_05.jpg
20200909_06.jpg

後部全体を広くフラットに使えるよう、全面にフロアレールを配置し、シートやテーブルを数分で移動できたり、サブバッテリーを搭載して停止中でも車内の設備が使えるようにしています。

マルチタスク車両 企画開発責任者の森下久弥によると、コストと実用性のバランスが取れたマルチタスク車両は、MONETが連携している全国65の自治体からも要望が高く、「ドライバーが不足する一方で一日の中で車を遊ばせている時間が多いという課題解決につながり、新しいビジネスが検討できるのが最大の特徴」と言います。イベントではマルチタスク車両を使ったユースケースをはじめ、価格、納車スケジュールなどもあわせて紹介されました。

現状復帰も可能な「パーソナルベンチレーションキット」

「パーソナルベンチレーションキット」は、新型コロナウイルス感染症の拡大によって、人々の移動が制限される中、「車両メーカーの知見を活かし、品質・機能を備えた車両サービスを最短でお届けしたい」というニーズから開発されました。MONETに参画する8社の車両メーカーの技術を活かし、最もポピュラーなトヨタハイエースで開発を開始しています。

20200909_07.jpg
20200909_08.jpg

運転席や乗車席の間はパーテーションやカーテンで隔離、シートには消毒しやすいビニールカバー、そのほか、ドライバーと会話できるインターホンのようなユニークなオプションも用意されています。また、コロナ禍が過ぎ、架装が不要になった場合は現状の車両に戻すこともできます。

20200909_09.jpg
20200909_10.jpg

パーソナルベンチレーションキット 企画開発責任者の中村光明は「特にこだわったのが新鮮な空気を外から取り入れて、対流しないよう強制換気するパーソナルベンチレーションで、より安心感のある仕様としています」と説明。「架装に必要な時間は約2週間ですが、実際の取り付けは4日程度で済みます。ご提案があれば機能を追加変更するなど、より良いものにするよう開発を進めます」と今後もさらに車両をバージョンアップしていくと話します。

ソフトウェア、ハードウェア、事業アイデアの組み合わせで事業を加速

90分にわたって開催されたイベントでは、カメラを使ってそれぞれの車両の細部や機能を確認したり、実際に車内のパーツを変更したり、乗り心地を試したり、参加者からの質問にもリアルタイムで答えていきました。オンラインで参加した約400名の方からは、次々と答えきれないほどの質問やコメントが寄せられ、関心の高さを実感しました。

また、MONET MaaS コンバージョンのコンセプトや開発経緯などを紹介した代表取締役副社長兼COOの柴尾嘉秀は、イベントの最後に、今後第2弾の検討を進めていることを発表。
「MONETではプラットフォームが提供するソフトウェア・データと車両ハードウェア、そして事業アイデアの3つを組み合わせることで、みなさまと一緒に新たなモビリティサービスを推進していきたいと考えています」と、30℃を越える当日の気温以上に熱いメッセージでイベントを締め括りました。


コンソーシアム企業の皆様に、MONETが直接ご提案させていただく「Meet UP MONET Pitch」、いかがでしたでしょうか?
今後もMeetUPは「Expert Pitch」「Corporate Pitch」「MONET Pitch」の三軸で展開予定です。
それぞれ他では得られない様々な情報と機会をお届けしてまいりますので、是非奮ってご参加ください。