EVENT・SEMINAR

2020.09.03 MeetUp

【Corporate Pitch #5】

Keynote Speech1:
MaaSにおける道路のこれから -ウィズ・コロナの時代を見据えて-
株式会社NIPPO

Keynote Speech2:
いつもNAVI API @MONET マーケットプレイスと
ゼンリングループのMaaS取り組みのご紹介
株式会社ゼンリンデータコム

mu5_01.jpg

今年7月から月2回のペースで開催してきた「Corporate Pitch」は、第5回目を迎えた今回より、発表いただく企業様を2社に増やしてお届けしています。今回のテーマは、モビリティの中でも重要でインフラにも関わる「道路」と「地図」を取り上げています。
前半は日本の道路舗装技術のパイオニアである株式会社NIPPO様より、道路舗装技術に関する最新情報をご紹介いただきます。後半は「MONETマーケットプレイス」の各種APIの一つとして、「いつもNAVI API」を提供いただく株式会社ゼンリンデータコム様に、APIの内容とゼンリングループとしてのMaaSへの取り組みについてご紹介いただきます。

Keynote Speech1:

mu5_02.png

MaaSにおける道路のこれから ーウィズ・コロナ時代を見据えてー

株式会社NIPPO  営業第二部 副部長・モビリティ営業担当 久保 達人氏

アスファルト舗装工事を中心とした建設会社であるNIPPOは、昭和9年(1934年)に当時の日本石油(現ENEOS株式会社)の道路部門から独立する形で創立されました。日本初となる数々の道路舗装工事を手掛け、アスファルトや再生プラントの開発をはじめとする様々な技術によって日本のモータリゼーションの発展を支えています。重要な社会インフラである道路を維持する仕事は、エッセンシャルワーカーとしてウィズ・コロナ時代を支える重要な役割を担っています。

道路の規制概念を変えるシンギュラリティとは?

NIPPOでは様々な道路舗装技術を開発してきましたが、これまでは従来の道路に付加価値を付け加える発想の転換で進められてきたと久保氏は説明します。

mu5_03.jpg

例えば、「遮熱性舗装」は赤外線を効果的に反射する塗料を用いて暑さ対策をする技術で、世界初の試みとして銀座の歩行者天国に使われ、オリンピックの全マラソンコースに施行されています。道路の中に雨をしみ込ませてから排水する「排水性舗装」も道路に付加価値を加える技術で、高速道路では当たり前のように使われています。
 

また、NIPPOではこのような新しい技術を開発する研究施設を埼玉県に設けています。道路舗装に関する様々な専門家が在籍し、道路の素材、工事用機械、後方の大きく3つを研究しています。こうした技術だけでも十分なように見えますがNIPPOではさらにその先、道路の概念そのものを転換させる「道路のシンギュラリティ」に取り組んでいます。

*シンギュラリティ
人工知能を研究するレイ・カールツワイル博士が提唱する「技術的特異点」のことで、人類の社会生活を大きく変える技術の登場という意味で使われる。

実証実験成果の実用化には時間と多くの協力が必要

現在、NIPPOが取り組んでいるのは、自動運転時代の道路です。具体的にはNIPPOを含む6社が連携し、GPSの不感地帯対策として、道路に埋め込まれた磁気マーカーを利用してバスを自動走行させる実証実験を行っています。他にも道路に太陽光パネルを入れ込む「太陽光発電舗装」実験も行われています。

mu5_04.jpg

こうした実証実験は公道で行うのは難しいため、本コンソーシアムのメンバーでもある全日本空輸株式会社の協力を得て空港内で実験を行うなどしています。実証実験に対しては国土交通省や経済産業省らも協力しており、法律でも道路に装置を埋めることは可能になっています。ですが、劣化や破損の問題もあり、他の装置と組み合わせるなど、公道で実用化するには技術の精度をまだまだ高める必要があるということです。
 

「実証できた技術を実用化するには時間がかかりますが、道路にはこれからも進化が必要です。我々も研鑽を積んでいきますが、是非MONETコンソーシアムの皆さまと一緒に、世界の一助になるような日本発の新しいインフラ技術を作りたいと考えています。太陽光発電舗装の実物がある研究所にもぜひ見学に訪れていただき、無茶振りも含めていろいろご意見を聞かせていただきたいです」(久保氏)
 

株式会社NIPPO
https://www.nippo-c.co.jp/

Keynote Speech2:
いつもNAVI API @MONET マーケットプレイス
ゼンリングループ MaaSの取り組みのご紹介

株式会社ゼンリンデータコム 事業統括本部ITS本部ITS第二事業部 崎山 滉平氏

社会インフラとしての地図の存在を独自の調査と徹底した情報管理で高めてきたゼンリンの地図は、世界でも類を見ない高精度で高鮮度な地図データを構築しています。ゼンリンデータコムはゼンリンが整備する地図データやサードパーティから取得したデータなどを活用し、お客さまの要望や要件にあわせて、アプリケーションならびにソリューションとして提供する会社です。

mu5_05.jpg

提供するコンテンツは、コンシューマ向け、法人向けなどターゲットも幅広く、崎山氏が所属する自動車向けサービスでは主にナビゲーションを提供しています。他にも、地図アプリや地図サービスのためのWeb API、混雑統計や動態管理サービスなど様々なデータを提供しています。
 

MONETマーケットプレイスで提供されている「いつもNAVI API」は、ゼンリンの地図関連コンテンツを簡単に利用できるAPIサービスで、地図画像やPOI(施設情報)、道路ネットワークなど各種情報を利用でき、自社のシステムに組み込んだり、シミュレーションで利活用できます。

mu5_06.jpg

地図データの種類は2つの形式があります。一つは「道路ネットワークデータ」で、リンクと呼ばれる道路の情報とそれらを繋ぎあわせるノードの組み合わせで構成されています。もう一つは「地図/施設情報」でPOIと地図情報を組み合わせて意図のある図として作成できます。範囲を指定した中の道路リンクを取得したり、標高、水深などの情報も活用できます。機能を組み合わせれば、乗り合いバスの停留所を計画するといった複合交通を考慮した広域な道路設計も可能になります。

参考:
ニュースリリース「MONET Technologiesが提供する『MONETマーケットプレイス』で「いつもNAVI API」 の提供を開始
https://www.zenrin-datacom.net/newsrelease/20200928_01.html

MaaS時代に向けたパーソナライズできる次世代ナビを研究

ゼンリングループではMaasに対する取り組みを「複雑化する移動の実現・サポート」のための取り組みと位置付けています。ポストコロナではMaaS意味が広義になり、あらたな沿線の魅力づくりや快適な移動の実現が求められています。そこで、移動手段にとらわれないシームレスな移動を可能にする「交通ネットワークの構築」とそれに紐付く「可視化ソリューションの開発」などに取り組み、ニーズに応じたMaaSサービスを一気通貫で具体化するのを可能にします。

mu5_07.jpg

交通ネットワークの構築の具体例としては「バリアフリー経路情報の精緻化」があり、東京都の「データ利活用実証プロジェクト」にも選定されています。可視化ソリューションの開発事例としては「移動コードの取り組み」があり、移動により生成されるユーザートリップ情報とGPSなどを用いた移動実績情報をマッチングし、移動コードとして発行することで、高度なパーソナライズやレコメンデーションを実現できます。
 

さらにゼンリンデータコム単体では研究領域として、2つの次世代ナビゲーションの開発に取り組んでいます。「マルチモーダル検索」では、複数の交通機関を用いた従来のマルチモーダルに加え、個人の歩く速度の考慮や、優先する交通手段の選択などのパーソナライズをしていくことを目指します。「最適旅行計画」も同じく個人の特性に合わせて最適な旅のルートを提案するもので、いずれも経路や旅程を個々のユーザのニーズに応じて提供することを目指しています。
 

「例えば移動コードは、事業所間で情報をまとめることでより詳細なリコメンデーションが実現できます。また、地図データを整備し、継続的メンテナンスすることは移動の質の向上にも関わり、他にもあらゆる移動を支える柱として様々な実証実験に取り組んでいます。スマートシティへの適合なども視野に入れつつ、MaaS社会の実現に向けて、ぜひ多くの人たちと一緒に取り組みたいと考えています」(崎山氏)
 

株式会社ゼンリンデータコム
https://www.zenrin-datacom.net/

今回のテーマである「道路」と「地図」は互いに密接につながっていて、異業種データまとめるという所でも重要な存在になっているのがわかります。NIPPO様の研究技術も、ゼンリンデータコム様の技術も参加者からの関心が高く、コンソーシアムを通じて新たな連携が生まれることに期待しています。
 

第5回CorporatePitch、いかがでしたでしょうか?
今後もMeetUPは「Expert Pitch」「Corporate Pitch」「MONET Pitch」の三軸で展開予定です。
それぞれ他では得られない様々な情報と機会をお届けしてまいりますので、皆さま、是非奮ってご参加ください。