EVENT・SEMINAR

2019.10.30 MeetUp

第6回 Meet UP:「自動運転社会におけるパラダイムシフトビジネスチャンスを生み出す新たなサービスと車両空間デザイン」

自動運転車の今、車両開発の最前線に迫る!
パートナー:パナソニック株式会社、トヨタ紡織株式会社

2019年10月30日(水)、第46回東京モーターショー2019を視察後、「第6回 Meet UP」を開催

東京モーターショー2019にて、車両開発、次世代EVの最前線を徹底解説!

今回のテーマは自動運転社会を見据えた未来の車両開発の探求です。MONETには国内の多くの自動車メーカーが出資していますが、そんな自動車メーカー各社が総力をあげて自社の最先端技術やコンセプトカーをお披露目するのが東京モーターショー。まずは現在の車両開発の最前線を学ぶべく、MONETコンソーシアムに参画している企業のうち44社の皆さまとともに東京モーターショー2019を視察しました。

東京モーターショー 2019のテーマは「OPEN FUTURE」。未来のモビリティ社会を体感してもらおうと、業界を越えて総勢192の企業・団体が参加し、「クルマ・バイクのワクワクドキドキ」から「未来の暮らし」「未来の街」にまで出展領域を広げています。会場も東京ビッグサイトの青海・西・南展示棟に加えて、 MEGA WEB、シンボルプロムナード公園など規模を拡大して開催されており、見どころが満載。そこで、トヨタ自動車株式会社、日野自動車株式会社、本田技研工業株式会社、いすゞ自動車株式会社、スズキ株式会社、株式会社SUBARU、ダイハツ工業株式会社およびマツダ株式会社の各社から専任のガイドを招き、知られざるエピソードの紹介を交えながら、各社のブースで車両開発や次世代EVの最前線を解説していただきました。

  • meetup006_02
  • meetup006_03
  • meetup006_04

自動運転社会で車両の空間デザインはどう変わる!? 3社講演

東京モーターショー2019の視察後は、近くのホテル会場に移動。
パナソニック株式会社、トヨタ紡織株式会社とMONETの3社で、自動運転社会におけるサービスと車両の空間デザインをテーマとした講演会を開催しました。

■2030年に向けた自動運転車両における車内空間ソリューション
最初のプレゼンテーションは、「人のくらし」 「くらし空間」 から 「移動空間」 を創造するパナソニック株式会社の講演。CES出品モデルを例に、社会や暮らしの変化に伴う人の価値観の変化を見据え、移動空間へ付加価値を付ける画期的な取り組みを映像を交えて紹介。UXを徹底的に追求して生み出されるパナソニック社の哲学をご紹介いただきました。

■多様なニーズに対応する新価値空間を創造
続いては、トヨタ紡織株式会社による、完全自動運転(レベル5)の時代を見据えた車内空間設計についての講演。車内という限られた広さの中で、開放感・安心感の両立をテーマに、実際に走行できる自動運転車両を利用した実証実験などをご紹介いただきました。実現可能な車内空間の在り方や、未来の車内空間に向けた発展形を語った講演は、納得感と期待値の両方を感じさせ、多くの参加者が感銘を受けました。

■MONETのMTV構想
最後に、MONETよりMTV構想を発表。MTVとは「Multi-Task-Vehicle」の略で、MaaS時代に求められる、1台で様々な用途の車内空間を提供する車のこと。想定している車内のレイアウトやインテリア、機能などを紹介しました。コンソーシアム参画企業への提供も検討していることから、参加した各社からは「是非、使ってみたい!」「早く出して欲しい!」という声が寄せられました。

参加者の代表的な声
「車両を使って店舗への送迎する際のイメージが変わりました。店に来ていただくまでの間に楽しませること、ワクワクしてもらえるようにすることが必要だと感じました。」
「未来に明るい展望を抱けて(人口減社会など、切羽詰まった課題から解き放たれて)大変有意義でした。」
「モーターショーでは、次世代の動向を知ることができて有意義な時間を過ごせました。」

meetup006_05

パナソニック株式会社の講演の様子

meetup006_06

トヨタ紡織株式会社の講演の様子

meetup006_07

MONETによるMTV構想発表の様子

MaaSビジネスネットワーキングを実施

講演会終了後のMaaSビジネスネットワーキングでは、東京モーターショー2019の視察から1日を振り返り、フランクな意見交換が行われました。また、会場に設けたMONETの車両企画チームによる個別相談ブースでは、参加した全企業の皆さまと個別に車両サービスに関する意見交換ができました。ブースでは、各社のニーズに基づいた車両企画の可能性を議論し、「MONETの持つ架装車両企画のノウハウとITを活用してブレークスルーしたい!」という熱い想いを伺うこともできました。

車両企画チームによる個別相談ブースでの意見交換会の様子

  • meetup_006_08
  • meetup_006_09
meetup_006_10