イベント・講演EVENT・SEMINAR

2019.08.21 MeetUp

第3回 Meet UP:「自治体|企業|MONET連合による日本活性化アクション!」

MssSの推進によって地域課題に立ち向かう!
パートナー:上田市、神戸市、福山市

2019年8月28日(水)、MONET コンソーシアムにおいてMaaS事業開発を推進する場である3UP プログラムの一環として、第3回Meet UPを開催しました。

地方創生実現に向けたMONETの活動紹介

自治体の課題解決に熱い想いを持った34社が出席した第3回Meet UP。まずは、MONETの自治体との取り組みについて説明しました。現在アプローチしている全国345もの自治体のうち、覚書や連携協定などを結んでいる22自治体を紹介し、さらに先行してオンデマンドバスの実証実験などを実施している「豊田市 小原地区」や「横浜市 旭区若葉台」「福山市 服部地区」「北海道 安平町」における交通課題とそれらの解決に向けた活動を共有しました。また新たな挑戦として進めている、伊那市での「医療MaaS」や、三豊市と琴平町での「観光×日常生活MaaS」の取り組みも説明しました。

自治体→企業へのピッチ
街づくりの観点から自治体が抱える交通課題

今回のプログラムでは、地域の交通課題を実際に解決に導くために、神戸市、上田市、福山市の3つの自治体の方をゲストスピーカーに迎え、各自治体が抱える課題と、MaaSの推進によって解決したい地域やテーマについてご講演いただきました。

meetup003_02

上田市 政策研究センター様のご講演の様子

上田市は、最先端のテクノロジーを積極的に導入することで、市内全域で均衡した発展を目指している

meetup003_03

神戸市 医療・新産業本様のご講演の様子

神戸市は、国家戦略特区という舞台で国内最大級の医療産業都市を目指し、Co-Creation(共創)をテーマに街づくりを推進している

meetup003_04

福山市 企画財政局様のご講演の様子

福山市は、まるごと実験都市と称し、地域課題を解決するための新しいサービスや技術を生み出すための実証実験を推進している

企業→自治体へのリバースピッチ 交通課題解決に向けて

自治体の方による講演後、7社の有志から各自治体に向けたリバースピッチが行われました。各自治体が抱える交通課題解決に向けて、各社の持つアセットやサービスを活かした鋭い提案が飛び交い、実際に自治体側で導入を検討される提案も出るなど、会場は熱気に包まれました。

meetup003_05

■参加者の声
自治体様とのマッチングイベントを継続して欲しい。
思いがけないビジネス展望を知ることができ、こういった場は非常にありがたい。
10分程度のスピーチがよかった。要点をおさえて話してもらえたのでわかりやすかった。

懇親会を実施し、自治体と各社のネットワーキングを促進

meetup003_06

講演会およびリバースピッチ終了後は、懇親会を開催しました。地域課題に日々向き合う自治体からのリアルな課題共有を受けて、解決に向けたアクションなどの会話も弾み、同じ志を持つ仲間との一体感が生まれました。