CASESTUDY

いわき市のグリーンスローモビリティを活用した次世代交通システムの実証に協力

ソフトバンク株式会社 株式会社電通 株式会社シード・プランニング

MONETは、ソフトバンクが主体として携わる、福島県いわき市の「グリーンスローモビリティ」の実証運行に、電通、シード・プランニングとともに協力しています。

MONETは、2019年11月26日から福島県いわき市で実施されている「グリーンスローモビリティを活用した次世代交通システム実証」(以下「本実証」)において、本実証のシステム提供主体であるソフトバンク株式会社から委託を受け、株式会社電通、株式会社シード・プランニングとともに協力しています。
本実証は、環境省の「IoT技術等を活用したグリーンスローモビリティの効果的導入実証事業」に、「フラシティビークルを活用した『スマート交通』推進プロジェクト」(いわき市、小名浜まちづくり市民会議、株式会社磐城タクシーおよびソフトバンクが応募)が採択されたことを受けて実施しているものです。デマンド型および定時定路線型のグリーンスローモビリティを運行することで、環境に配慮しながら、いわき市における交通利便性の向上や地域の活性化などを目指しています。
まず第1弾として、2020年3月8日まで小名浜地区で実証を行っています。平日はデマンド型(予約制)、土日祝日は定時定路線型(予約不要)で運行。MONETはスマホアプリから乗車予約や運行状況を確認できる「オンデマンド配車プラットフォーム」と、予約状況に応じた最適な運行ルートを提示する「ドライバー向け運行管理システム」を提供しています。また、電通が提供する「情報配信プラットフォーム」を活用して、車内サイネージで地域情報を発信する実証も行っています。
MONETは、このような次世代交通システムを活用したモビリティサービスが、日常的な移動手段として住民の生活に組み込まれる社会の実現に向けて、今後もさまざまなサービス開発に取り組んでいきます。

■グリーンスローモビリティ
電動&時速20km未満で公道を走る4人乗り以上の乗り物

casestudy_002_05

プレスリリースはこちら